錦の宴 ヒストリーその2

岩国まちづくりドリームプランコンテスト(背景)

2016年8月に行われました岩国青年会議所地域力創生委員会主催の
ドリームプランコンテスト どんな内容で挑んだかといいますと。。。

錦の宴実行委員代表の江岸可織さんが、岩国市横山に「いろやギャラリー」をオープンさせたのが
2015年の春でした。

その際、周りからは大反対されたそうです。
その理由は、岩国に、お店を出してやっていける訳ないよー。
しかもギャラリーって。まぁその前に、岩国よー。ダメダメって^^;;

そうは言われつつも、ギャラリーをオープンさせます。
こんなことでやりたい事を諦める人ではありませんからねぇ~

↑懐かしい開店当初の画像です

そして、オープンして、1年半、やっぱり気になることは
岩国の人って、大抵の方から、岩国ってダメだよねーっていう雰囲気が。
いやいや、雰囲気だけならまだしも、堂々と言っちゃいます(>_<)

☆☆☆☆ ほんとにそうなの?? ☆☆☆☆

お茶・お花・書とか、当たり前に嗜んでいる人が多いと実感するし
絵画とか写真の活動も岩国はすごくさかんなんです。

実際、いろやギャラリーのお客様も芸術家やアーティストの方が多いですし。

江岸さんは、岩国にずーっと住んでいて、地元大好き&ひいき目に言ってるのではなくてですね。
これ、知らない方も多いと思いますが、いろやギャラリーを始めるまでは、
カラーのプロとして、広島の専門学校で長く専任講師をしていたり
単発的な講師は数知れず、展示会のお世話係りをしてみたり、
あるビエンナーレのスタッフの経験もあるんですよ。
その前は、インテリアコーディネーターとしても活躍していたりと。。
あんまり語ると友人自慢がすぎますので、このくらいにして^^

そんな色んな世界&業界を見て来たからこその地元への想いでもあります。

いろやギャラリーで1年半を過ごした江岸さんが、どんなプランを打ち出したかといいますと!!

前置きだけになっちゃいましたが、こっから先が長いので、続きはまた次回ということで~
どうぞお楽しみに(^^)/

岩国ビエンナーレ2019「錦の宴」
作品募集開始は、2019/3/1~
募集要項は、3/1に本サイト上で公開

「錦の宴」のインスタグラムとツイッターを作成しました。

インスタはこちら
https://www.instagram.com/nishikinoutage

ツイッターはこちら
http://twitter.com/nishikinoutage

Facebookページもあります。
https://www.facebook.com/nishikinoutage/

 


アートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です