岩国ビエンナーレ2017

錦の宴

~酒とアートの芸術祭~

Facebookページ「錦の宴」もよろしくお願いします。

https://www.facebook.com/nishikinoutage/

 

錦の宴の詳細は、この下のメニューよりご覧いただけます。 

 

以下は、錦の宴 誕生秘話でございます。

 

錦の宴テーマ

 

岩国を全国の芸術家の集まる街

芸術家が憧れる街

芸術家が移住したい街にしたいんよ!

 

ある日、長い付き合いの友が上記の想いを打ち明けてくれました。

もうちょい、最初から話してよ~!

いきなし岩国に芸術家って、全然想像出来ないじゃん??

そんな私の感想をよそに、こんな話をしてくれました。

 

錦帯橋近くにお店を出して、日々お客様と接する中で気づいた事

それはね。

 

岩国の人って、何で岩國がダメってすぐ言うんかねぇ~。

 

店をやってて思うんだけど、岩國の人って

意外とみんな文化意識が高いと思うんだけどね。

お茶・お花・書とか、当たり前に嗜んでいる人が多いし 

絵画とか写真の活動も岩国はすごくさかんなんよ。

これって、すごくない??って思うんよ。

 

確かに毎週のように吉香公園では、お茶席があるし

普通に家庭でもお抹茶飲んだりするよね。

でもそれを皆さん、普通に思っているよねぇ~。 

という私のつぶやきに、

 

ほらほら。やっぱり岩国の文化意識が高いってことなんじゃん!

これには、江戸時代から続く、文武両道という吉川のお殿様の考えが影響してるんだよねって。

 

錦の宴コンセプト

 

1540_32「岩国」 文化芸術都市を目指して
1540_32「酒」 岩国の大きな魅力の1つである酒
1540_32「目標」 アートな街 「岩国」
1540_32「きっかけ」 アートや岩国の歴史・文化に親しむ機会を設ける
1540_32「楽しむ」 このイベントを通して、多くの人が楽しめる

 

 今、世界で日本酒が流行っているって
皆さんご存知でしたか?

日本酒ほど、作るのに難しいお酒は世界中見渡してもないんだそうです!

日本人だからこそ、作る事の出来る日本酒

そんな日本酒を製造している所が、岩国には5つもあります!

皆さんは、この5つの酒蔵。スラスラと言えますか?

 

折角なので、錦帯橋から近い酒蔵さんから並べてみますね。

 

村重酒造  金冠黒松  岩国市御庄5丁目101-1  

酒井酒造 

五橋  岩国市中津町1丁目1−31  
八百新酒造  雁木  岩国市今津町3-18-9  
旭酒造  獺祭  岩国市周東町獺越2167-4  
堀江酒場  金雀  岩国市錦町広瀬6781  

 

日本酒の製造で大事なものの1つが「水」です。

岩国でいうと錦川 ^^

今回のイベント名「錦の宴」の錦は、錦川から取りました!!

錦川 にしきがわ と読みます。

どうして「錦」を選んだとおもいますか?

先程の友が興味深い話しを語ってくれました。

 

日本酒の製造には、お水が命で、錦川の水はとってもいいんよ~。

うんうん。(これはなんとなく解るよ~。)

吉川のお殿様はね。先見の明がおありで

錦町広瀬にある木谷山林を購入され

それ以来ずっと管理され自然を保って来られたんよ~。

だから、錦川が綺麗なのは、殿様の意向なんよ~。

すごいじゃろ!

 

って。なんだかすごいお話しだよね!

そして、この山林には、代々山を守って来られたお家の方がおられるとか!

岩国の歴史のお話し、皆さんご存知ですか?

私は、勉強不足で、今回、友に色々と教えて頂きました! 

 

岩国ビエンナーレ2017

 

 さてさて、前置きはこのぐらいにして、昨年8月

岩国青年会議所地域力創生委員会主催の

岩国まちづくりドリームプランコンテスト

で、見事「グランプリ」に輝いた友人

その時の発表内容を実現すべく立ち上がります。

2017年10月

岩国ビエンナーレ2017

イベントを開催します!!

錦帯橋近くで、岩国城が見える場所で

殿にも参加して頂けるといいな。

そんなコンセプトで宴を開きたい!

そんな思いも重なって、「錦の宴」始動します!

宴と言えば、お酒ですね。

これは、前置きにも書きました、岩国の5蔵

是非、皆さんにご協力頂きたいです!!

これからそれぞれの酒蔵様にご相談する予定です。

で、お酒と言えば、盃が必要ですよね~。

という訳で、酒器をテーマに

岩国ビエンナーレをイベントとして開催いたします。

 

ビエンナーレって?

 

ビエンナーレとは、イタリア語で綴りは 「biennale」

2年に1回開かれる美術展覧会の事をいいます。

酒とアートが織りなす芸術祭

「岩国ビエンナーレ2017」

どんなイベントになるか関係者一同わくわくしております。

みなさんにも是非応援頂けたら嬉しく思います。

 

錦の宴実行委員会

 「錦の宴実行委員会」

実行委員長・・・江岸可織

上記の前置きで、愛すべき友として登場

錦帯橋近くにある「ギャラリーいろや」の店主

メインサイト:http://iwakuni.iroya168.com/

FBページ:https://www.facebook.com/iroya168/

 

実行委員・・・明木、黒川、越水

私は、越水と申します。

今回は、IT担当として参加させて頂きます!

 

初めてのイベントという事もあり
実行委員長の友人数名が
有志として集まっております。

 

イベントまでの短い間ですが、ご支援とご協力

どうぞよろしくお願いいたします。